flower border

みちくさ

寄り道をしながら、、、

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀ステ 観劇してきました!

Categoryひとりごと
奇跡的に本日の昼公演のプレミアム席が先行で取れまして( ;∀;)
約束をしていたフォロワーさんと行ってまいりました!


元々、佐々木喜英さまのFC入るほどのファンでして、
出演舞台は大体1回は観に行くほどでして、
その方が、まさかのとうらぶの舞台に出てくださるなんて、ちょっとではないくらい動揺するほどで、
そのお写真があまりにもお美しい宗三さん
そして、推しの鶴丸さんをはじめとしたレア4太刀が3人も出るとか、

チケットを取れた奇跡に感謝です。

トレブロも缶バッジも全敗でしたけども…( ;∀;)ああああああ


続きから色々とネタバレ。箇条書きで。
・本能寺の変が舞台という事で、燃えている本能寺で蘭丸と光秀の対峙から始まります。そこからまるで思い出しているかのように中央から出てくる宗三さん。美しい。

・出陣場面に変わり、第二部隊隊長の一期さんの「各個撃破と洒落込みますか!」かっこいい!!!!!!一期さんのお声にすごく近い感じがして素敵でした。
出陣メンバーは、一期さん、江雪さん、小夜君、燭台切さん、鯰尾君、鶴丸さんというメンバー。

・一人一人の殺陣はキャラ意識されているのか、「おお!っぽい!」という感じ。
ミュージカルじゃないので歌わないと思ったのですが、紹介と時に歌ってました。かっこいい曲でした。

・全員集まって「刀剣乱舞!」三日月「開始しよう」

・一期さんと鯰尾君の回想シーン。大阪の場面だったみたいです。

・江雪さんがそこの時代、前の主が和睦に走っていた場面で争うのを戸惑っていたら小夜君が庇って怪我を。
 「お小夜が私を庇って…」燭台切さんがおぶって運んでくれました。

・左文字兄弟のシーン。宗三さん、未亡人半端ない。
 和睦に走った前の主の物語を引き継いでいる江雪さん、親への復讐をしようとする主の物語を引き継いでいる小夜君、刀にその物語が宿っている風な事を話す江雪さん、切ない顔をする宗三さん。

・内番案内の時の畑当番薬研君と宗三さん。ニンジンを持つ宗三さんが人妻感がぱない。

・馬当番長谷部さん。人型の馬を真面目に相手にする長谷部さんw

・織田組(上記3人)と対面する不動君。「誰だっけ?」って感じで。ここからちょっとギスギスしています。

・軍議。山姥切君をセンターにしておじいちゃんと鶴丸さんが隣に座り、ちょっと離れて一期さんと長谷部さん。
ツイッターで回ってきた、すぐに立てる正座の仕方をしておりました。

・三日月「大茶柱が立ったぞ、縁起がいいな」鶴丸「天下五剣の方がご利益があるんじゃないのか?」三日月「俺にご利益を求めるな」2人「はっはっはっは」と山姥切君の足を叩くwそれをほほえましく見ている一期さんが素敵。

・燭台切「今日のお茶請けは鯨の姿煮だよ!」みに行くかという所で山姥切くんに止められ、ずっと根に持つ鶴丸さん。

・その軍議をこっそりを聞いていた不動君。

・「信長様」と慕う不動君に対して、信長なんてという長谷部さんが言い争い、不動「宗三、お前も言ってやれ」長谷部「信長なんて!」と暴言を吐く長谷部さんを殴る宗三さん。「僕は一体…」と困惑した様子。力を込めた太もも、最高でした。

・それを静観する大人な薬研君。

・険悪な織田組をどうすればと悩む山姥切くんに対し、鶴丸さんの名案。紅白戦の手合わせをしようと。
 白組→隊長・山姥切、宗三、長谷部、薬研、不動、鶴丸
 紅組→隊長・三日月、一期、江雪、小夜、燭台切、鯰尾
 これ、勝ち目ないだろ、白組に…と思ったが…
 森?の中で協力して相手を降参させるというルール。ここでも不動君が勝手に行動。
 
・一期さん、鯰尾君、燭台切さんを目にして、「あんたらは豊臣の刀で、あんたは伊達の刀か」と。燭台切さんは織田に居たというのはここではないのかな?

・織田がギスギスしているのに悩む山姥切くん。「何故心があるんだろうか」とおじいちゃんに問う。
 例えば、月が美しいと思う気持ちが心になるのではないか。もし、月が顕現されたらさぞ美しい付喪神になるのではないか(うまく説明できないのですが)と。

・本能寺を二部隊で出陣する事に。これ、そのうちゲームでも出てきそう。
 出陣準備で一人ひとり、刀種、刀派を言うのがかっこいいなと。

・本能寺では本能寺の変の前日から乗り込み。茶会に参加していない筈の光秀がいる。
 それを偵察していた鯰尾君と小夜君可愛い。

・またしても勝手に移動する不動君。敵に遭遇し、織田の4人で戦闘。そこへ蘭丸が助太刀に来る。
 喜んだ不動君は「らんまる~~~~」と抱きかかえるが、長谷部さんにはがされて去ろうとする。
 宗三「あなたにとって、織田信長とは何なのですか?」と問う。
 それだけを言って去るが、その後薬研君「本当は会っちゃいけないんだろうが…会えてよかった」と去る。兄貴かっこいい!

・三日月の計らいにより謀反を起こす仲間を呼び出し光秀が歴史通り本能寺の変を起こすように仕向ける。

・本能寺の変。敵は蘭丸を生かそうと味方する。蘭丸を打った相手を倒す。
 それに気付いた刀剣達は蘭丸を倒そうとするが、不動君はひたすら守ろうとする。
 止めを刺したのが宗三さん。倒れる蘭丸を抱える。スライディングの腿ちらが素敵でした。

・敵は織田信長自害を阻止しようとするが失敗。つぎは光秀を倒そうとする。そこへも不動君が敵に加勢するかのように光秀に向かっていくが宗三さんが庇う。「蘭丸にとっての信長を、光秀にとっての信長を、あなたにとっての信長をなくしてはいけない」

・織田4人が真剣必殺で敵と対峙。
 薬研君の再現度がパナイ。宗三さんの胸の刻印も健在。

・燃える本能寺をバックに「ぼくは…何で泣いているのでしょうか?」という宗三さん。

・終始、宗三さんと薬研君が信頼し合っている感がよかった。

・最後に自分の名前の入った和傘を回しながら歌を歌い、挨拶。

・宗三さんの挨拶が美人。手を胸にあてて、身体を曲げずに少ししゃがむ。



こんな感じかな…何か、すごかった…!
あまりお話が無いゲームなので、妄想しかできていなかったけど、その妄想をはるかに超えて、色々考えさせられる舞台でした!
ストーリーも、キャラに寄せようとしている役者さんも素敵でした。

個人的に、宗三さん役のヒデ様ばかり観ていましたが、とにかくお美しく、お声も宗三さんに寄せてくれると期待しておりましたが、期待どおりでした!
宗三さんは本体は京博で観ましたが、キャラの見た目と反して結構力強く感じまして、その内面を垣間見えた舞台だったなと思いました。

台詞とか、曖昧ですが、こんな感じです。ライブビューングは観れないので、配信を楽しみにしています(´∀`)
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。