flower border

みちくさ

寄り道をしながら、、、

夢浮橋 その二十

Categoryどうが

我が本丸の鶴丸さん鍛刀1周年の日に更新しておりました。
刀剣乱舞1周年の日にしたかったのですが、自作ゲームフェスの作業と並行しておりまして難しく…

兄者を探して回っておりましたが、無理でした!!!兄者いません!!!!!!


という事で、救済イベントを待ちたいと思います。

続きから色々と。
本堂へ行こうとするところから始まっておりますが、そのままだと祟りの関係で行けません。
という事で、三日月のおじいちゃんに助けを求めるところから始まっております。

今回の中央の里は三日月のいくつか前の主の有名なエピソードを踏まえています。
本堂が城で、大切な神様が将軍。持っていた刀を畳に刺して悪人を追い払おうとした剣豪将軍の最期です。
結局は破られてしまうのですが、そこのエピソードがどの本にも載ってて印象に残ったのでこれを元に作っています。

無事に夢の中に入れまして、刀の強化と浄化が条件になります。
なぜ、こうしたか。折角富士まで作ったのに全く活用されないで終わるのは嫌だ!!!と思いまして急きょ。
清めるのはもはやおまけ感満載ですが、こっちが本題です。
色々と推理をしてくださっているけど、このゲームの最終回、色々とネタが想像しすぎて、またはネタがあっさりしすぎてつまらなくなるんじゃないかと思うと恐怖を感じております。

余談ですが、カットの鶴丸さんこんな感じ。
鶴丸1周年

砥石は途中の敵からドロップするようにしています。…ので、資材を自分で集めてきました…
そして、レベルも技を全部覚える所までレベリングしました。こんなに長くなると思わなかったので、30前には全部覚えるようにしちゃっています。
あとは合体技とか…やりたいけども…どうでしょう。名前がねぇ、思い浮かばない。

道が通れて、そこからBGM変わりましたが、まさかの自作をし始めました。無謀にもほどがあった。
あんなに神曲を今まで使って急にクオリティを下げます。しかも最後の方で。戦闘曲も地味に作っていましたが、最後の最後の戦闘で何故自分の作った曲にしてクオリティを下げる!?って思っているので、こちらは次回作にしようかなと思っています。。。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment